どうしてもスマホよりガラケーが使いやすいとおもった時は?

スマホを契約したけど、電池がもたない、使いにくい、メールが打ちづらい、結局電話とメールしかしない、勝手に動作する、アプリとか意味がわからない、店員に勧められて買ってしまって後悔した…

もうスマホはいらない!使わない!ガラケーに戻す!!!

という人のために、その手順と、損をしないためのいくつかの方法をお伝えします。

もうスマホ解約したあと、使っていないスマホをどうしよう…というあなたは、スマホ買取サービスで買い取ってもらうと数万円のお小遣いになるかも。

解約したスマホ

スマホ解約後に使用するガラケー携帯電話を用意する

スマホの前に使っていたガラケーを使うならそれが使えます。

別に用意したい場合は、ショップで買うか、中古等で手に入れます。

契約回線はそのまま使う場合(電話番号などが変えないパターン)

ドコモならドコモショップ等のお店、またはMydocomoなどのネット上で、ガラケー向けの料金プランに変更します。難しそうだと思う人はショップへ。

SIMカードにはサイズの大小があり、ガラケーは最新のもの以外は大きいタイプです。スマホは小さいタイプが多いので、ショップで手数料払って交換してもらうか、AmazonなどでSIMコンバーターというアダプターを使って大きくして使います。

もしくは、ナンバーポータビリティーで他社に乗り換えるのも一つの手。この場合、アドレスの@以降は変わりますが、電話番号はそのまま。さらにナンバーポータビリティーだと携帯本体が安く買えます。

ドコモのスマホからドコモのガラケーに変更してガラケーを新品で買うと、結構なお値段がします。これを避けるには、中古や白ロムなどをショップやヤフオクなどで買うしかありまえん。

回線を解約する場合(電話番号が変わるパターン)

電話番号が変わってもいいのなら、一度スマホの契約を解約して、新たに新規契約でガラケーを契約します。

これだと、電話番号は変わるものの、ガラケーを安く手に入れることができます。

スマホ解約でかかる費用

スマホ購入時に購入サポート割引を付けている人がほとんどなので、回線を解約すると約1万円ほどの解約金がかかります。

さらに、端末の分割払いをしている場合は、残りの残債の支払いも発生します。

回線はそのままでガラケーに機種変更した場合は、それも購入サポート割引が受けられなくなるので、毎月引かれていた1000~4000円の割引がなくなります。

機種変更せず、自分で手持ちのガラケーにSIMを差し替えた場合は、この購入サポート割引も継続されますが、パケ・ホーダイプランなど割引を受け続けるのに必要な料金プランの継続が必要です。

ドコモのパケ・ホーダイダブル2は月額最低2100円かかりますが、購入サポート割引が月1000円くらいとすると、ネットやメール代が月500円くらいだけなど、ほとんど電話とちょっとしたメールくらいならその購入サポート割引を続けるのもいみがないほどです。

実際にスマホを解約してしまってもう使わないのなら、スマホ買取サービスの利用がおすすめ。

スマホからガラケーに戻る人は、大体2,3ヶ月で諦める人も多いので、それくらいのタイミングで売ればかなりのお金が回収できます。

詳しくは以下のサイトで。

解約したスマホ

充電切れを回避するために

スマートフォンはバッテリーの消費が激しいのが特徴。容量が少ないタイプですと、半日も経たないうちに充電切れとなってしまう場合も・・・ですから、スマホを導入するのでしたらどのようにバッテリー切れを防いでいくのか、という工夫・配慮が必要となってきます。

具体的にどのようにしていけばいいのでしょうか。いくつかの方法を紹介していきましょう。

1.モバイル充電器を携帯する
従来式の携帯電話についても、モバイルタイプの充電器は普及していました。よっぽどハードに利用しなければ利用する機会はなかったはずです。ですが、スマホでは通常に利用していても、充電切れになってしまうことがあります。
そのため、モバイルバッテリーは不可欠となってきています。スマホを数回充電できるような用量の多いタイプも増えてきていますので、様々な商品を探してみるといいかもしれません。

2.こまめに充電する
常にバッテリーをフルチャージしておくようにするのが基本です。家に着いたら充電スタンドに置く、これを習慣化するようにしましょう。

3.節電アプリを利用する
androidの場合、バックグラウンドで様々なアプリケーションが起動して、バッテリーの減りを加速させてしまいます。ある程度は機能上仕方がないのですが、できる限りロスを減らしていく努力は必要です。そのために役に立つのが、定期的にバックのアプリを切ってくれる自動アプリ。これを利用するだけで、10%以上改善したという方もいるようです。

以上のような方法を組み合わせながら利用していくことが、スマホ利用の際の基本です。

フリック入力を使いこなそう

スマートフォンはタッチパネル式で操作するので、メールなどを打つ際に文字入力がおっくうだといわれることがあります。確かに、従来式のキータッチ操作に慣れている方にとっては、勝手が違い過ぎて最初は戸惑ってしまうことが多いでしょう。

ですがスマホにはスマホなりの新しい文字入力の方法が存在しています。これを利用することで、従来の方法以上に素早く文字を入れることが可能です。その方法とは、「フリック入力」と呼ばれるもの。

「フリック」は指で払う操作のことを意味しています。その名の通り、画面に指をおいて上下左右に払っていくことで文字入力をしていくわけです。

携帯電話の文字入力の際には、「あかさたな」と文字が割り振られたキーを操作していきます。フリックの場合もこの基本は変わりません。その後の操作が微妙に異なっているのです。例えば「い」を入力したい場合には「あ」を押した後、そのまま指を左に払うような感じでスライドさせます。「う」は上に、「え」は右、「お」は下という割り振りとなっています。「あ」は指を払うことなくタッチしてそのまま指を離せば入力することができます。

あまりイメージができないかもしれません。ネット上にフリック入力について説明している動画がありますので、検索して閲覧してみるとイメージが湧きやすいかもしれません。文字の配列自体はすでに携帯電話の操作で覚えているはずなので、あとは左右上下の配列を覚えるだけ。3日ほど練習するだけで意外と慣れてきますよ。

テザリングって何ですか?

「テザリング対応」という表記を見て、気になっている方もいるかもしれません。難しそう・・・と調べることを敬遠している人も多いようですが、実は上手に使えばかなり便利な機能。是非とも概要を知っておくようにしましょう。

テザリングとは、携帯電話の回線を利用して他のOA機器をネットに接続するという機能。パソコンやゲーム機器などのネット接続を、スマホの電波で行うことができるのです。

この機能の特長は、スマホのネット接続料金だけで様々な機種をネット接続できるということ。自宅のネット回線を解約して、スマホ契約に一本化することもできるのです。もちろんタブレットなどについても別途データ契約をする必要はなくなります。
・自宅のインターネット代がかさんでいる方
・タブレット等を持っている方
に最適なのがテザリング携帯というわけです。

現時点では、この機能を搭載している機種はまだ限定されています。キャリアによっては特殊なプランに加入しなければならない場合もありますし、オプション料金が必要なケースもあります。

一番気をつけなければならない点が、月に利用可能な通信量が制限されているということ。たとえばドコモの場合には、月に7GBを超えると速度が大幅に制限されます。毎日動画を何時間も見るというような方は、この制限にかかってしまう可能性が高いので注意が必要でしょう。

それでも、スマホ一台でモバイルルーターや自宅のネット回線契約が不要になるというのは、非常に大きなメリットです。

SNSとスマホの相性は抜群

「スマートフォンを買ったら何が変わるんだろう・・・」このように思っている方は多いかもしれません。各種アプリを使えば、できないことの方が少なくなるとも言われるスマホ。特に、使い勝手が良くなるのがSNSサービスだと言われています。

SNSとは、ミクシーやFacebookなどのサービスの総称です。知り合い同士で近況を報告したり、写真を見せ合いっこしたりすることができるものです。旧来の携帯電話でも利用できますので、すでに愛用している方も多いのではないでしょうか?しかし、ログイン作業や写真の投稿などの面で、面倒さを感じている方も多いかもしれません。

スマホとSNSの相性は、非常に優れています。ですから、これまでのように億劫さを感じることはほとんどなくなります。各種サービスは、専門のアプリを提供しています。これを利用すると、毎回ログイン作業をする必要はありません。写真を取って、10秒後にはサービス上にアップするということもできます。メールのように、最新メッセージの通知などがリアルタイムで届くのも非常にうれしいものです。

SNSは上手に使うと、友人関係などを強固なものとしていくことができるツールです。サービスがきっかけで小学校の同級生と再会を果たして、そのまま結婚をした、というようなケースも報告されるようになっています。まだ利用したことがない方は、スマホに買い替えて登録をしてみてはいかがでしょうか?きっと楽しめるはずです。

パソコン苦手な人ほどスマホを使うべき?!

「OA機器は苦手だから・・・」「パソコンの使い方が全く分からないので・・・」
このように考えて、スマートフォンの導入を避けている方は、少なくはないのではないでしょうか?

しかし、実はこのような方こそスマホを導入した方が良いのです。

第一に、スマホはタッチパネルによって操作するのが基本です。感覚的・直感的に使うことができるため、少し慣れさえすれば何も考えずに操ることができるようになります。特に、iOS(iPhone)を利用すると、操作が簡単になると言えるでしょう。

第二に、スマートフォンはパソコン上でできる操作はだいたい扱うことができます。そのため、これまでですとパソコンを利用しなければならなかったことも、携帯電話上で済ませてしまうことができます。もちろん、この場合にも感覚的な操作が可能となりますので、難しく感じることはないでしょう。

これからの時代、旧式の携帯電話の数はどんどん少なくなっていきます。某会社は新型モデルがすべてスマホというようなケースも、すでに登場しているのです。このような状況の中、かたくなにスマホを避け続けていると、時代に取り残されてしまいかねません。PCよりも、確実に扱いやすいといことは事実ですので、まずは導入してみてはいかがでしょうか?

パソコンを買うべきか、スマートフォンを買うべきか、と悩んでいる方は後者をセレクトした方がいいでしょう。携帯電話の利用料金のみで、ネット接続までできるからです。

タブレットとスマホどっちがいい?

スマホもいいけどタブレットも魅力的。そのように感じている方は多いようです。どちらをセレクトすればいいのでしょうか?

まずは、タブレットの利用目的を確認するようにしましょう。どのような用途で使いたいと思っているのでしょうか?
・ウェブブラウジング
・動画プレーヤー
・電子書籍を閲覧
・ツイッターなどのSNSを使う目的
などなど・・・様々な用途が考えられることでしょう。

最も一般的なのは書籍を閲覧したいという方でしょう。中にはWord・Excelなどを編集したいという方もいるかもしれません。近頃ではオフィスの編集アプリも登場していますが、パソコンのように自由自在に操作できるような現状とはなっていません。ウィンドウズタブレットやウルトラブックを導入した方が良いかもしれません。

インターネット接続をしてWEBサイトを閲覧したいという場合、大きな画面で見なければならない理由はあるでしょうか?特にないという場合には、スマートフォンの方がどこでも気軽に接続できるので便利です。スマホ・タブレットの双方を持っている多くの方が、ウェブ閲覧はスマホで済ませている場合が多いようです。動画に関しても事情はあまり変わりません。大きな画面で見なければならないような理由がない限り、タブレットは少し使い勝手が悪くなってしまいます。

地方部ではタブレットを公共の場で利用するというのがあまり一般出来ではありませんので、周囲の視線を気にしなければならないというデメリットも生じてくるでしょう。

このように考えてきますと、まずはスマホを導入して必要性を感じた場合にタブレット購入を検討するという順序の方が無難と言えるでしょう。

スマホ選びのときにはどんな点に注目すればいい?

キャリアによっては新発売されるラインナップすべてがスマートフォンというようなケースも出ているようです。このような状況の中、いったいどれを選んでいいのか分からない、と困っている方もいるかもしれません。以下ではそのようなスマホ初心者の方のためにセレクトのポイントを紹介していきましょう。

1.まずはOSを決める
現在スマホ市場はiOSを搭載しているiphoneと、androidというOSを利用しているものとの二つが激しい競争をしています。この他にもウィンドウズホンやブラックベリーなどもありますが、ごく少数。

iphoneはauとソフトバンクでしか発売されていないのに対して、アンドロイド携帯はほぼすべてのキャリアから販売されています。操作性などの観点からも違いがありますので、比較の上で決定するといいでしょう。

2.機種本体の性能に注目
OSを決めた後は、具体的な機種をセレクトしていきます。iOSの場合にはiphone一択となります。androidの場合には実に様々な機種が存在している状況。メーカーなどで選ぶ方も多いかもしれませんが、具体的な性能などで比較していくようにしましょう。

・CPU(処理速度)
・グラフィック
・画面の大きさ
・カメラの性能
・付加機能(FMトランスミッター・ワンセグ・お財布ケータイ・防水機能など)
などの違いがありますので、カタログを比較したり口コミを参考にしたりしながら選んでいくようにしましょう。

スマホに変えるべき?

急速な勢いで利用者が拡大し続けているスマホ。遅れを取ってしまったと焦っている方もいるかもしれません。確かにスマホに乗り換えると様々なアプリなどによって生活スタイルが一変することでしょう。しかし、これまでの携帯電話と使い勝手が違いすぎて、変えたことを後悔しているような人もいるのが事実。

ここではスマホのデメリットをあえて紹介していきましょう。このような点もあると言うことを踏まえて、購入を検討するようにしましょう。

・料金プランが限定されている
通話料などに応じて様々なプランが提供されていましたが、スマホではセレクトできる種類が少なくなっているようです。特に通話料に関する点は選択の余地がほとんどなく、利用方法によっては月額利用料が跳ね上がってしまうようなケースもあり得ます。
※料金・プランに関しては販売店で詳しく説明をしてもらいましょう。

・充電切れになることが多い
バッテリーの消耗が激しいため、これまでと同じような利用方法をしていたとしても半日程度で充電が切れてしまう可能性があります。モバイルタイプのバッテリーを常備するなどの工夫が必要となってきます。

・セキュリティ面が不安
ウィルス感染や個人情報の流出などの可能性が高いと言われているOSも存在しています。適切な対策を講じていない場合や、利用方法を誤ってしまった場合には深刻な事態になってしまう可能性もあります。セキュリティソフトを導入するなどして、自衛を講じていかねばなりません。

どのキャリアを選ぶべき?

スマホへの買換えを検討している方は、この際キャリア変更も併せて考えているという方が多いようです。ナンバーポータビリティ制度を利用して他のキャリアに移った方が、ずっと安い価格で本体を購入することができるからです。

・iphoneへの買換えを検討している方
アイフォーンはdocomoからは発売されていませんので、auかSoftbankかを選ばなければなりません。双方で機能は特に変わりありませんが、プランや電波・通信速度などの面で違いがあります。

Softbankの方がつながりにくいと言われているようですが、場所によってauの方が速度が遅いようなケースもあります。この辺りは実測してみなければ分からない部分でもあります。思い切って好みでセレクトするというのもアリでしょう。

・androidへの買換えを検討している方
こちらはDoCoMoが一番のシェアを抱えています。同じメーカーから発売された同じシリーズであっても、キャリアごとに違った癖を持っている機種もあるようです。

それぞれ通話プランなどが微妙に違うという点もあります。ドコモはプランが高いと言われることがありますが、その分電波などの安定性はピカイチ。このような一長一短がそれぞれ存在していることを忘れてはなりません。

スマホで重要なのはキャリアごとの違いや機種の機能の違いなどではありません。それぞれの機種の「性能」の違い、これこそが重要な要素となります。処理速度やバッテリーの容量などに注意をして選んでいくといいかもしれません。

WordPress Themes